稲庭宝来うどん製造販売元 稲庭宝泉堂


                稲庭寶来うどん


精選された原料により、他に類のない口ざわりと風味をもって居り、
腰のあるさらりとした軽い食味は代々受け継がれてきた技法を忠実に守り、
一本一本の純手作業によるところの手綯製造だからであります。

当社稲庭宝泉堂では、代々受け継がれた伝統と技術を忠実に守り皆様方に
秋田名産稲庭寶来うどんの味を御賞味されます様念じて生産致して居ります。

尚、手造りにて油(食油)を一切使用しない製法ですので、酸化腐食がなく
製造後3カ月〜2年位までが最も美味しく召上られます。

稲庭寶来うどんは、水は栗駒山系の伏流水を用い峡渓明媚の大自然の中で
生みだされている別製品でございます。


より良いおいしさを求めて日々努力しております。何とぞ末永く
ご賞味を賜りますように、お願い申し上げます。

                                代表



稲庭うどんの製造工程
機械化すると1日でできる工程ですが、純粋な手綯いと自然乾燥のため練りから製品まで3〜4日かかります。
手間隙かけ熟成することにより、うどんのうまみ引き出されます。

一日目 ●練り
数種類の小麦粉をブレンドし、
塩水と混ぜ合わせミキサーで大練りする

(季節や天気によって塩水の量や生地の硬さが
変わるため職人は一時も離れることはありません)




小半日かけて手もみで丹念に練る


<桶に入れたまま熟成させる>

●圧と延
熟成の後、打ち棒で平らにのし、板状にするめん線切り出し
板状にしたうどん生地を約3センチ幅に切る

●小巻
切ったうどん生地を渦巻状に桶の中に巻く


<一晩寝かせてさらに熟成させる>
二日目 ●綾かけ
小巻されたうどん生地をを、よりをかけながら
二本の棒の間を8の字にあやがけする

(よりをかけながら均等の太さで手綯いするのは至難の業。
職人の技が光ります)

<熟成のため木箱に入れて寝かせる>


●つぶす
綾かけされた麺を麺棒でつぶす

(この作業はかなりの重労働。前傾姿勢で力作業を繰り返すので
腰に負担がかかります)


<熟成のため木箱に入れて寝かせる>

●延ばす
掛け台に掛けて、麺の様子を見ながら三尺六寸(約140cm)
の長さに延ばしていく。扇風機、熱風、換気扇を使い、うどんを
乾かしながら箸入れをする。

(急に伸ばすと切れてしまうので徐々にゆっくりと延ばしていきます)


別室にうどんを移し一日休ませる
三日目 ●乾燥
その日の天気・温度・湿度に合わせて乾燥する時間を変えます


そのまま一日乾燥
四日目 ●乾燥
前日同様、乾燥し仕上げる。
(やはりその日の天気・温度・湿度に合わせて乾燥の時間を変えます)

●裁断
乾燥の終わった稲庭うどんを各長さに切り出します
五日目
  以降
●選別
全工程が手作業なので、太さの違うもの・運んでいる最中に
折れてしまうものがあるので選別して寄せておきます
(はぶかれてしまったうどんは「得用」として商品となります)

●金属探知機

●袋詰め

●箱詰め

●ダンボール梱包

●出荷


高橋工場長

「職人として、うどん一本一本へ
こだわりと愛情を持って作っています。」


                                                  ページTOPへ